2010年7月18日 まつもと市民芸術館にて前進座・龍の子太郎の公演を開催します。松本市里山辺にある『山の子保育園』と、山形村にある『やまのこ共同保育園』の父母会が中心となって『龍の子太郎を観る会』を結成しました。活動の記録と宣伝のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
20100707taikonosukinaokaoni.jpg
こんな絵本を見つけましたよ。
松谷みよ子さんが「龍の子太郎」より前に書かれたお話だそうです。
たいこの好きな赤おに・・・そう、この赤おにさん「龍の子太郎」にも登場しています。

私たちの保育園では年長になると長いお話の読み聞かせに取り組んでいますが、
それは夏思いっきり遊びこみ、運動会を越え、秋深まる頃のこと。
時期があるのです。
読む内容についても年長なら誰でも彼でもこれと決まったものではなくて
そのクラスごとの特徴をとらえ、よりふさわしいものを園長が選んでくださいます。
今年「龍の子太郎」が選ばれるかどうかは、わかりません^_^;

紙芝居でもいいし、公演の前に読んであげたい気持ちもありましたが、
「今回は予習なしで見せる。」と決まりました。
その決定を信頼しています。子どもたちはそれでも心いっぱい楽しんでくれるでしょう・・・

でも、これならどうかな?と思いました。
明日持って行ってみよ~^_^;



20100707ti-takasui.jpg
「龍」をテーマにした絵本はいろいろあります。
「やまんばまゆ」のシリーズもいいですが、この「チータカ・スーイ」も不思議な雰囲気がいいです。
昨日図書館で借りてきたのですが、
娘は「赤おに」よりこっちが気に入ったようで、今日はこっちを持っていくそうです。

子どもにとって「練習」なんてないんですよね
毎日が「本物」
転ばぬ先の杖は要りません。

でも、イメージを膨らませてあげられればいいですよね・・・



難しいことで自己流の考えも入っています。
間違いがあったらどうぞ遠慮なくご指導くださいませ。

実行委員長 福田母


スポンサーサイト
2010.07.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tatsunokotarou.blog2.fc2.com/tb.php/39-ed86bfdf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。