2010年7月18日 まつもと市民芸術館にて前進座・龍の子太郎の公演を開催します。松本市里山辺にある『山の子保育園』と、山形村にある『やまのこ共同保育園』の父母会が中心となって『龍の子太郎を観る会』を結成しました。活動の記録と宣伝のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
前進座・公演だよりブログに『龍の子太郎稽古だより』の記事が更新されています。
⇒http://koendayori.blog111.fc2.com/blog-entry-606.html
太郎と黒オニの場面かな~?
稽古でもお着物なんですね、さすが前進座!「粋」だなぁ~っておもいました。

マメ知識のご紹介(^^)

*でんかしょう*
たろうたちが、おすもうをとるときにいうことば。
なんだか、ちからがはいります。
おすもうをとるところでは、
「みあってみあって、はっけよいのこった!」
なんてことばもきこえたね。
これは、いまでもつかうんだよ

~龍の子太郎班の元気ブログより

実行委員長 福田母
スポンサーサイト
2010.06.29 / Top↑
先週も主催者打ち合わせに出かけたのですが
使用中で見ることができなかった楽屋ゾーン等下見にまつもと市民芸術館へ行ってきました。

7月2日から行われる平成中村座 信州・まつもと大歌舞伎『佐倉義民傳』の飾り付けがとても華やかでした。
歌舞伎つながり、「農」がテーマと共通点もあるんじゃないかな?
この盛り上がりにのって「前進座・龍の子太郎」もぜひよろしく!
おじいちゃんおばあちゃんに子どもたち、ご家族そろって見に来てくださいね!

20100624gakuyazo-nsitami2.jpg
事務室裏から搬入口を通り、楽屋ゾーンへ入る。
使用後はコインが戻るロッカーあります。

20100624gakuyazo-nsitami3.jpg
小楽屋が並ぶゾーンを抜けるとラウンジがある。
ここにケータリングを用意・・・ポットや湯のみ、「冷凍庫」があります。

20100624gakuyazo-nsitami7.jpg
一番大きな楽屋。
広くて明るくてとってもきれい!・・・って私たちが使うわけではありませんが^_^;

20100624gakuyazo-nsitami4.jpg
さらに進み、客席のちょうど真後の真下にあたる場所、
シャワー室の間に給湯室。ここに冷蔵庫があります。
流し台の下には・・・「ほ○○○○」もありましたよ^_^;
右の写真は楽屋口です。当日スタッフはここから出入りしてくださいね。

20100624gakuyazo-nsitami5.jpg
ぐるりとスタート地点に戻りエレベーターで二階へあがるとちょうどもぎりへでます。
舞台の左側を回り込んで客席後ろの扉までホワイエが続く・・・
ここでグッズ販売や保育園の写真展示などを予定しています。

20100624gakuyazo-nsitami6.jpg
開場警備の際の注意ポイント
そこかしこのフロアの隅に蛍光管が埋め込まれていて
いろんなことに興味津津の子どもたちが足を踏み入れ割ってしまうことがよくあるそうです。
弁償を要求されることはないそうですが、危険なので注意してほしいとのこと・・・

新しく、美しい「本物」の劇場です。
この施設の建設にあたってはいろいろな問題もあったようには聞いています。
その当時私は松本市民ではありませんでしたが・・・
でもこの「芸術監督:串田和美ごあいさつ」⇒http://www.mpac.jp/about/director.html
を読んだらなんだか納得できる気がしました。
ここで観劇を主催することを誇りに思いたいです。

ついでにウィキペディア「まつもと市民芸術館」⇒
2010.06.27 / Top↑
日頃より応援いただいております前進座劇場さまのブログに龍の子太郎の稽古の様子がアップされました。
「ただ今舞台稽古中」必見です!
⇒http://zenshinzagekijyo.blog45.fc2.com/blog-entry-376.html

そして、前進座・公演だよりブログには龍の子太郎の記事が更新されました。
いのししおかあ役:高橋亜紀氏の記で、物語への思いが語られています。
「『龍の子太郎』稽古場だより」こちらももちろん、必読です!
⇒http://koendayori.blog111.fc2.com/blog-entry-605.html

実行委員長 福田母
2010.06.27 / Top↑
先週の木曜日、6月24日5時半より「前進座・龍の子太郎公演」に向けての『決起集会』を開きました!

夕方のお迎えの時間にあわせできる限り全員参加を呼び掛け
始め50人くらいでしたが最終的に60人以上が参加し盛り上がりました!
まず、実行委員長より現在の状況報告とこれからの流れを説明
実行委員たちからの熱いメッセージ
続いて事務局長、園長、運営委員長たちからも言葉をいただいて・・・父母たちの心も一つに!

残された短い時間それぞれのできることを思いつく限り実行に移して行けばきっと成功できる!
そんな気持ちを再確認。
がんばろう~!!

私たち父母会として、この機会に子どもをもつ親たちをはじめ
世の中の大人たちに考えてほしいことがあります。
テレビやゲーム、習い事ばかりの時間の過ごし方でいいのか?
 
ぶつかり合い、助け合い、話し合う中で培われる心・・・
人と人とのつながりの大切さをどう伝えていくのか?

それは幼児期・学童期の過ごし方に大きくかかわっている
「山の子」の保育を知ってほしい!

なにより我々大人がお手本になることが重要。
素直に助けを求め、また手をさしのべ助け合い
勇気を出して行動してゆきましょう!


そんな思いを込めた取り組みとして「前進座・龍の子太郎」はまさにふさわしい内容です。
たくさんの「太郎」たちとは・・・そう、あなたもわたしも、みんなが「太郎」^_^;
岩を崩そう!

20100624kekkisyuukai.jpg

実行委員長 福田母
2010.06.27 / Top↑
 いよいよ龍の子太郎松本公演まであと24日となりました。
本日夕方、山の子保育園で公演成功に向けて“決起集会”を行いました。
その場で、多くのお母さん方から公演にかける熱い意気込みなどが語られました。
そのうちのひとつですが、とってもいい話を聞けたので、ここに紹介させていただきます。
以下、熱心な先輩父兄のYさんより

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

 まつもと市民芸術館での上演まで残り3週間となりました。昨年の秋から山の子保育園父母会が「子どもたちに本物の良さをつたえよう!」と立ち上げた「龍の子太郎を観る会」を中心に地道な広報活動を続けてきました。それでも、チケットの売れ行きはまだまだ・・・。
 そこで、今回は皆さまに『龍の子太郎』の良さをお伝えします!

1.『まんが日本昔ばなし』を知らない子どもたち!?
 現在、小学生の親たちは日曜日の夜になると、♪ぼうや~よいこだ、ねんねしな~♪が流れ、ワクワクとテレビの前に座った世代では? 今より娯楽が少なく電子音のピコピコがなかった頃・・・。「悪いヤツは罰せられ、いい人は最後には幸せになる」という典型的なお話を繰り返し、読んだり、聞いたりすることによって、私たちは「何がいちばん大切か」を学んできました。今、子どもたちが夢中になっているコンピューターゲームは簡単に人が殺され、痛めつけられ、また、恐ろしいことにリセットボタンを押すと、生き返ります。それを喜ぶ子どもたち・・・。本当にそれでいいんでしょうか。
昔話を読むことで、私たちは知らず知らず「人も動物も命あるものはすべて痛みを感じ、悲しみや喜びを共感しながら助け合って生きていく」という大切なメッセージを受け取っていました。『龍の子太郎』はめんどくさがりの男の子が母を探して旅をするお話。その旅の途中でいろんな人や動物に出会い、龍の子太郎は成長していきます。これから、大人になるにつれて、いろんな困難に出会うだろう我が子にぜひ見せてあげたい!困難から逃げないで立ち向かう強さをもってほしい。そして、大きな壁にぶつかったときには、周りの大人がしっかり受け止めてくれるという安心感をもっていてほしい。
そして、子育てに悩んでいるお母さんたちにもぜひ見てほしい。子育ては順調にいかないことばかりだけど、子どもにとって母親の愛情はこんなにも深く温かいものなんだということをもう一度思い出してほしい。そんな素敵なメッセージがたくさん詰まった『龍の子太郎』です。

2.「本物の素晴らしさ」を知らない子どもたち!?
 スーパーにはお惣菜やレトルト食品がたくさん、テレビでは動物も電車も何でも見ることができる、こんな便利な世の中では「本物」を探すほうが大変かもしれません。
「鮭の切り身が泳いでると思ってた」という子どものことばも笑えませんよね。だからこそ、私たち大人がこれからの社会を作っていく子どもたちに「本物の素晴らしさ」を伝えてあげたい。私たち山の子保育園では、「太陽の下で思いっきり遊び、川に飛び込んで、土・水・泥の感触を知り、『すまし汁か?』と疑うくらい薄味のみそ汁を飲んで素材の味を知ること」を大切にしています。それは、五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)の発達を大切にしたいからです。
 子どもは好奇心旺盛です。2歳児から紙をちぎったり、こぼした牛乳をこねこねしたりして、親としては「キャー、やめて~(泣)」となりますが、小さな科学者さんたちは「なぜ?どうして?」の疑問がいっぱい!でも、それはとっても大切なこと。学童期にこの「なぜ?」がない子どもたちが多くなってきています。
 それは、今の世の中、周りにもっと強い刺激があふれているからです。例えば、アニメの中の「ギャー」という叫び声、ゲームの人が倒される「グチャ」という音。そんな強烈な刺激に毎日浸かっていたら、「こんな小さな種からどうして花が咲くのかな?」「水が氷になるとどうして硬くなるのかな?」そんな素朴な疑問をもてなくなってしまいます。
 子どもたちに「本物の素晴らしさ」を伝えましょう! 私も実際に舞台を見るまで、「テレビで見ればいいじゃん」って思っていました。でも、テレビは一方的な情報ですが、舞台は観客と俳優さんたちのコミュニケーションがあります。お客さんが笑うと、ますます調子に乗っておもしろいことを言うお笑いの人たちもそうですよね。お客さん同士でも一緒に笑うことで一体感が生まれます。その劇場全体がひとつの世界となって、素晴らしいものを作り出すのです。
 子どもたちには難しい内容じゃないかとためらっている人もいるかもしれませんが、子どもって内容がわからなくても、音楽、俳優さんの表情、踊りを楽しんでいます。テレビの画面じゃ伝わらない俳優さんたちの呼吸、キラキラ光る汗をぜひ実感してください!

3.親子で語り合いましょう!
 最後に、『龍の子太郎』を勧める理由として、「この観劇を通して子どもとたくさんおしゃべりしてほしい」と思っています。
 忙しい毎日、父親は仕事で帰宅は深夜、母親は子育て、家事、働いているママはおまけに仕事まで。子どもたちが「ねえ、聞いて聞いて!」という呼びかけになかなか答えてあげることができません。だからこそ、この観劇をきっかけに、親子の愛情を再確認してほしいのです。『龍の子太郎』のテーマは「勇気、愛、友情」です。親子でぜひこの3つについて語り合ってほしい。
 「でも、チケット3000円は高いわ~」と思うかもしれませんが、東京ディズニーランドへ行くのだって交通費、入場料、食事代と家族分で何万円とかかります。子どもがほしがるおもちゃだって、最近のものは3000~5000円もします。小学生に人気のDSなんか2万円近くします。観劇はモノとして残りませんが、体験として心に残ります。
ぜひ、子どもの心の宝物として見せてあげてください。子どもたちが苦しいとき、悲しくて立ち止まってしまったとき、『龍の子太郎』を思い出して、「龍の子太郎だってがんばったんだ!ぼくも私も大丈夫!」って乗り越えてほしい。そんな願いをこめて上演します。

 7月18日(日) まつもと市民芸術館が大歓声で埋まることを願ってやみません。
   
            「龍の子太郎を観る会」事務局より

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

まだまだ子育て勉強中の私にとっても いい勉強になりました。
公演まであと3週間、皆さん、頑張りましょう。

実行委員長 福田父
2010.06.25 / Top↑
6月4日金曜日 父母会の定例会が開かれました。

あっという間に時間が経ってしまってずいぶん前の話で申し訳ないですが、
6月の定例会にて龍の子太郎にむけて学習の時間をとりました。

お招きしたのは元野溝保育園園長・人形劇団やまんば主宰岩井田紀子先生です。

「子どもたちに生の劇を見せること」についてお話しいただきました。

子どもたちは絵本や劇のお話を通して『うそっこの世界』と『現実の世界』を行き来する。
そういった体験を多く持つことによって夢見ることを学び、
つらいことがあっても乗り越える力を持つことができるようになる。

また、今回の機会のようにみんなで、また、親子で観劇したという経験は
「ああいう場面があったよねー」と振り返ることでゴッコ遊びに発展したり
きっと大きく育ち生きてくる。

岩井田氏は保育園の園長(今年4月に退職)を務める傍ら長年子どものために
演劇や人形劇を各地より呼び広める活動にも取り組んでこられた方。
自らも人形劇団やまんばを主宰し芸術活動の苦労も多く知っています。

日本にはそういった活動を守り広めるための土壌が育っていない問題点も大きい。
(補助金などの行政的な面も、大切さ理解してお金を出し時間をとって見に行く観客としての心も・・・)

面白かったのは、「生の劇」つまり、劇場は生き物というお話。
DVDやテレビとはちがう、生の劇というのは、観客と舞台とのキャッチボールで変化する。
笑いが起きたり、どよめきが起きたり、反応がいいと役者さんも熱が入りその場でどんどんいいものに育っていく・・・
逆もまたしかりということ。

あかちゃんの表情の変化にからめて、
「おかあさん、もっと笑って!表情ゆたかに子どもたちと接してね」とも。
ついつい笑えてしまう場面あり、うんうんとうなずいてしまうようなお話に引き込まれて
あっという間の30分でした。
父母たちの反応の良さをほめていただけたのはうれしかったです。
龍の子公演ますます楽しみに!
楽しみの輪広げようよ!


そう、どうせなら満席で観たい・・・それは夢なのかしら?
900人の一体感味わってみたいです!

きっときっと、当日の私、いちばん後ろの席で号泣ですよ!(もちろん感激の涙ね(^^)v)

まだチケット買っていない方~い・そ・い・で!





20100622chionoe11.jpg

「龍の子太郎はやくみたいよ~!」
「あといくつねたらみれるの?」
ずっとずっと楽しみにしている5歳の我が娘が描いてくれた絵です。
(親ばかですいません^_^;)

実行委員長 福田母
2010.06.23 / Top↑

報告が遅くなりましたが、6月7日山形やまのこ 6月13日山の子バザー大盛況のうち
無事終了することができました。
ご来場の皆さま・近隣地域の皆さまご協力大変ありがとうございました。

さてさて、クラス単位で分かれて出店するスタイルの里・山の子バザー、
0,1クラスのおかあさんが「龍の子Tシャツ」を手づくりで制作販売してくださいました~!

手づくりのため小規模の注文販売でしたが
大変好評だったため現在特別に追加注文を受け付けているようです・・・
といっても今回は園内のみです^_^;すいません。
でもどうしてもという方がいたら・・・どうかな??Kさん!?

20100619Tsyatuup.jpg
前面イラストのアップ
30周年山の子Tシャツを描いたTさんの描き下ろしです!


いろんなところでお母さんたちのパワーが発揮されてびっくりします。
ほんとに不思議な保育園。みんなすごい!
毎日龍の子Tシャツを着てくる子どもたちに勇気づけられて、(かあさん洗濯ありがとう^_^;)
チケット売りをがんばろう

実行委員長 福田母
2010.06.21 / Top↑

あやの笛の音に動物たちが集まります。

20100602butaisyasin-rasuto.jpg
ラストのシーン・・・(かな?)

写真撮影 二階堂 健
※前進座「龍の子太郎」公演パンフレットより許可を得て掲載しています。

「龍の子太郎」の魅力
「龍の子太郎」の物語は単なる冒険ものではない。
時代背景や貧しい農民の様子もきちんと描かれている。
太郎は最初からヒーローではなかった。
むしろ遊んでばかりのどうしようもない子が、
お母さんを探す旅を続けるうちにどんどん成長していく。
あっけらかんとした性格の太郎が、
見た事聞いた事そして自ら体験したことをどんどん吸収し成長していく姿に、
私たち観客は大事なものを気付かされ、暖かな気持ちになれる。

また舞台は、歌舞伎の要素をふんだんに取り入れてたものとなっていて、
それも大きな見所だ。
白蛇役は普段歌舞伎の女形役の役者が演じており、その艶やかさは必見だ。
動物たちの衣装も着物地で仕立て、雰囲気を壊さないように工夫してある。
母親の龍は前進座ならではの表現演出なので乞うご期待!

~ わいわいキッズいいづか ~ 舞台鑑賞ブログより引用

※ 2007年に福岡県筑豊地区の3つ子ども劇場で取り組んだ時のブログが大変参考になるもので
今回とくにわいわいキッズいいづかさんの「龍の子太郎」事前学習会の記事から
「龍の子太郎」の魅力
について許可をいただいて掲載しました。
色のついた文字からリンクを貼ってありますのでぜひ読んでくださいね。

魅力いっぱいの「龍の子太郎」松本公演。ここで見逃すのはMOTTAINAI!ですよ~!(*^_^*)
2010.06.20 / Top↑


龍の子太郎の劇中歌『東の風西の風』です。
ぜひ覚えてみんなで歌いましょう!!

東の風西の風 
作詞 松谷みよ子 山本響子
作曲 日高哲英

ひがしのかぜよ ぷいとふけ にしのかぜよ ぷいとふけ
やまはおらのなかま
かぜはおらのともだち
おらがうたえば うたはかぜにのって やまにつつまれ たにをこえ
もりをぬけてそらへ
ひがしのかぜにしのかぜ とどけておくれ うたを
おらはたろう たつのこたろう
わきのしたに うろこがみっつ
おらはたつのこ たつのこたろう



最近になって園でも歌い始めました。
子どもたち、まだちょっと声出ていないかな~?^_^;
大人も一緒に♪ おらわーたろう~ たつのこたーろ~う ♪
歌があるとわくわくしてきますね(*^_^*)

あと一カ月盛り上がっていこう!
2010.06.19 / Top↑
前進座劇場さまのブログに紹介していただきました。
ー☆おはようございます☆ー吉祥寺前進座劇場です

6月10日の記事←
5月10日の記事←

お伝えするのが遅くなってしまい申し訳ございませんでした。
見つけた時、とってもとっても嬉しかったです!
ありがとうございました!!


劇団前進座 公演だより~前進座の日々~もあわせてチェックください。
「龍の子太郎」でも演じられる役者の方々が日本各地へ旅公演に出かけています。
横顔がのぞけるブログ・・・「龍の子」で出会える日がますます楽しみになりますよ!


公演まで一カ月を切りました。
毎日が飛ぶように過ぎて行ってしまいます。

めいっぱい、力いっぱい頑張りましょう!

実行委員長 福田母

2010.06.19 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。