2010年7月18日 まつもと市民芸術館にて前進座・龍の子太郎の公演を開催します。松本市里山辺にある『山の子保育園』と、山形村にある『やまのこ共同保育園』の父母会が中心となって『龍の子太郎を観る会』を結成しました。活動の記録と宣伝のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先週も主催者打ち合わせに出かけたのですが
使用中で見ることができなかった楽屋ゾーン等下見にまつもと市民芸術館へ行ってきました。

7月2日から行われる平成中村座 信州・まつもと大歌舞伎『佐倉義民傳』の飾り付けがとても華やかでした。
歌舞伎つながり、「農」がテーマと共通点もあるんじゃないかな?
この盛り上がりにのって「前進座・龍の子太郎」もぜひよろしく!
おじいちゃんおばあちゃんに子どもたち、ご家族そろって見に来てくださいね!

20100624gakuyazo-nsitami2.jpg
事務室裏から搬入口を通り、楽屋ゾーンへ入る。
使用後はコインが戻るロッカーあります。

20100624gakuyazo-nsitami3.jpg
小楽屋が並ぶゾーンを抜けるとラウンジがある。
ここにケータリングを用意・・・ポットや湯のみ、「冷凍庫」があります。

20100624gakuyazo-nsitami7.jpg
一番大きな楽屋。
広くて明るくてとってもきれい!・・・って私たちが使うわけではありませんが^_^;

20100624gakuyazo-nsitami4.jpg
さらに進み、客席のちょうど真後の真下にあたる場所、
シャワー室の間に給湯室。ここに冷蔵庫があります。
流し台の下には・・・「ほ○○○○」もありましたよ^_^;
右の写真は楽屋口です。当日スタッフはここから出入りしてくださいね。

20100624gakuyazo-nsitami5.jpg
ぐるりとスタート地点に戻りエレベーターで二階へあがるとちょうどもぎりへでます。
舞台の左側を回り込んで客席後ろの扉までホワイエが続く・・・
ここでグッズ販売や保育園の写真展示などを予定しています。

20100624gakuyazo-nsitami6.jpg
開場警備の際の注意ポイント
そこかしこのフロアの隅に蛍光管が埋め込まれていて
いろんなことに興味津津の子どもたちが足を踏み入れ割ってしまうことがよくあるそうです。
弁償を要求されることはないそうですが、危険なので注意してほしいとのこと・・・

新しく、美しい「本物」の劇場です。
この施設の建設にあたってはいろいろな問題もあったようには聞いています。
その当時私は松本市民ではありませんでしたが・・・
でもこの「芸術監督:串田和美ごあいさつ」⇒http://www.mpac.jp/about/director.html
を読んだらなんだか納得できる気がしました。
ここで観劇を主催することを誇りに思いたいです。

ついでにウィキペディア「まつもと市民芸術館」⇒
スポンサーサイト
2010.06.27 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。